セクハラ相談室へようこそ TOP

セクハラ相談室へようこそ!

セクハラは、一時期社会問題にもなり、今でこそ以前に比べてセクハラ被害はかなり減ったと言われていますが、それでもセクハラ被害に苦しんでいる女性は今も居るようで、某SNSにおいても『セクハラに困っている人の為のコミュニティ』が存在します。

『こんなこと位でセクハラだとか言うな。自意識過剰も甚だしい!』と憤りを露わにする男性も居ますが、そんなことを言っている場合ではありません。女性がそれを『セクハラ』だと感じた場合、どんな気持ちでその行動に出たとしてもセクハラはセクハラなのです。

『李下に冠を正さず』という言葉があるように、紛らわしいことはしないに越したことが無いのです。少しでもセクハラと思われる言動をとってしまわないように、男性は細心の注意を払う必要があります。あまり神経質になることはありませんが、デリカシーのある態度を心がけ、相手が『女性である』ということを意識して行動する必要があります。

しかし、女性は女性で『セクハラ』という言葉を乱用してはいけません。本当に、心の底から『これは精神的に耐えがたいセクハラ行為だ』と感じた時に、初めて『これはセクハラです』と、毅然とした態度で言う必要があります。

男性は、女性から『セクハラだ』と言われた時に真摯な態度で対応すること。そして、女性が『セクハラだ』と訴える時は、どれほど嫌な思いをしたか、頭の中で整理してから訴えること。男女ともに、セクハラに対して真剣に考えていかなければ、この世からセクハラがなくなることは有り得ません。

この【セクハラ相談室】では、『セクハラ』について詳しく説明していきたいと思います。セクハラとは具体的にどのようなものなのか。自分が受けているもの(またはしていること)はセクハラなのか、否か。セクハラについてよく知ることこそが、セクハラを防止する一番の手立てなのです。